金沢大学附属図書館総合案内
金沢大学金沢大学附属図書Facebook金沢大学附属図書館Twitter
 

図書館オンラインサービス

Library Online Service




  • 利用状況確認 / 購入希望
  • 複写貸借依頼 / 施設予約 等
 
 

Link

 

外部Link

 

同定機能導入のための恒久識別子実証実験

概要・目的 | 年次計画 | 関連リンク | 問合せ先
学術機関リポジトリ構築連携支援事業 平成22-24 年度委託事業(領域2)

オープンアクセス環境下における同定機能導入のための恒久識別子実証実験

概要・目的

 平成22~24年度国立情報学研究所CSI委託事業領域2「オープンアクセス環境下における同定機能導入のための恒久識別子実証実験」として,以下のとおり事業を行いました。

MaiIdentity Program (Mutual Access between Researcher Information System(RIS) and Institutional Repository(IR) through Author Identification(AI) Functionality)


 日本における研究者情報システムと機関リポジトリ間の連携による研究者の同定と情報環境についての事業です。

 A study on identification of researchers and technical environments for collaboration between researcher information systems and institutional repositories in Japan.

【担当大学】

主担当:金沢大学
連携大学:北海道大学/千葉大学

【目的】

本プロジェクトの目的は,著者・所属機関・コンテンツの同定識別の諸問題を解決することである。

現在のインターネット環境下における学術情報流通においては,著者等の同定が困難な場合が散見される。複数のサイトで公開された著作が,同一のものか,同一著者によるものかを一見して解決することは難しい。このことは,電子的学術情報流通のための基盤形成上の課題となっている。


こうした状況を踏まえ、機関リポジトリを学術情報流通のプラットフォーム(の一つ)とするオープンアクセス環境下において、(1)コンテンツの著者、(2)著者の所属機関、(3)コンテンツの3つの対象を識別できるようにすることが目標である。


そのため,利用者が求める学術情報(論文等)を同定するメタデータ要素(メタデータプロファイル)及び恒久識別子(Persistent Identifier=PI)を考案するとともに、それらの要素の国内での導入実験を行う。さらに国際的な識別子の動向に関しても国内外のステークホルダーと情報収集・共有し、PI の将来における国際的な互換性をも意識してプロジェクト進行を行う。

このような著者典拠・同定機能の導入は、正確なコンテンツ同定のための必須の整備対象になりつつあると考える。


【将来構想図】 (クリックするとPDFファイルが開きます)
将来構想図

この事業は,次の事業の後継事業です。
平成18~19年度 業績データベース・機関リポジトリ連携プロジェクト
平成20~21年度 研究者情報システム連携プログラム

年次計画

平成22年度の年次計画

■計画

  1. 国内で標準的に利用されているDSpaceの最新バージョン1.6を利用し,研究者IDの同定に係わるメタデータの構築・運用・研究者業績データベースとの連携等について,実証実験を行う。
  2. 1. の実験について,ワークショップを開催し,国内関係者の情報共有・提案を行う。

■実施結果

  1. DSpace.1.6にバージョンアップし,運用実験を実施。
  2. 2011年2月17日に「名寄せのこれから」と題したワークショップを開催(参加者:27名)。講演・報告に加え,フリーディスカッションでは活発な意見交換を行う。
    ワークショップ「名寄せのこれから ~研究者IDサミット~」
    平成23年2月17日(木)開催

平成23年度の年次計画

■計画

  1. 平成22年度の成果をさらに普及させるための実証実験を継続する。
  2. 1. の実験について,ワークショップを開催し,国内関係者と情報共有を行う。

■実施結果

  1. 以下の大学で実証実験を行った。
    実験参加大学: 北海道大学,長崎大学,奈良女子大学,関西学院大学,大阪市立大学
  2. 1. の実験について, 2012年2月14日に「研究者と論文とを結びつけるために」と題したワークショップを開催(参加者:37名)。
    ワークショップ「研究者と論文とを結びつけるために~研究者IDサミット2~」
    平成24年2月14日(火)開催

平成24年度の年次計画

■業務の目的及び内容

2年間の実証実験の分析結果をもとに、識別子を導入した大学に対する識別子の実装効果や、未導入大学に対する導入意欲を探るための調査を行い、これまでの本学の事業について、課題を含めた報告書にまとめる。 あわせて、今後の著者識別子のあり方と普及にむけてどのような対処をしていくべきかの展望も示したい。

■業務の実施計画

  1. 昨年導入した4大学の実情に関するアンケート調査を実施し、導入効果、利用実例等を考察する。
  2. 未導入校へのアンケートを実施し、導入への意欲、導入への問題や障害等を調査し、改善点等を検証する。
  3. 本実施計画に関しては、必要に応じてNIIとの連絡調整等を行う。
  4. 最終的な成果については、報告書としてまとめ、国立情報学研究所と協議の上,公開する。

機関リポジトリへの「著者識別子」登録機能に関するアンケート調査

金沢大学附属図書館では,平成22~24年度「オープンアクセス環境下における同定機能導入のための恒久識別子実証実験」として,国内の機関リポジトリへの「著者識別子(著者に付与される一意のID番号)」登録機能実装を推進するためのプロジェクトを行ってきた。

平成24年度でこのプロジェクトを終了するに当たり,各機関の現状と課題を把握するために,全国の機関リポジトリ設置大学を対象としてアンケート調査を実施した。

※  著者識別子の概要については,この資料をご覧ください。
■調査票:機関リポジトリへの「著者識別子」登録機能に関するアンケート調査(PDFファイル)

関連リンク



【問合せ先】
     金沢大学 情報部情報企画課 雑誌・電子情報係
     e-mail:inzassi@adm.kanazawa-u.ac.jp,  電話:076-264-5207
 

金沢大学附属図書館 〒920-1192 金沢市角間町 TEL:076-264-5211
Copyright©2013 Kanazawa University Libraries. All Rights Reserved.