金沢大学附属図書館総合案内
金沢大学金沢大学附属図書Facebook金沢大学附属図書館Twitter
 

図書館オンラインサービス

Library Online Service




  • 利用状況確認 / 購入希望
  • 複写貸借依頼 / 施設予約 等
 
 

Link

 

外部Link

 

過去のお知らせ・イベント一覧

2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度
   2011年度以前の行事記録はこちら
 
附属図書館からのお知らせ
12345
2017/12/11new

【報告】「しまんと新聞ばっぐをつくろう」ワークショップ・開催報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学附属図書館
 図書館が行っている環境に関する取り組みの一環として,昨年度に引き続き,古新聞でバッグをつくるワークショップを,12月8日に自然科学系図書館国際交流スタジオで開催しました。
 最初にしまんと新聞ばっぐインストラクターから,しまんと新聞ばっぐが生まれたきっかけや材料に使う天然糊の話を聞き,環境について思いを寄せた後で,いよいよ,新聞ばっぐの作成にとりかかりました。
 留学生も含めた12名の参加者が,完成後のバッグをイメージしながら,気に入ったデザインの新聞を選び,インストラクターから手ほどきを受けながら,また,参加者同士でもコミュニケーションをとりながら手を動かしていました。
 最後は,完成した新聞バッグを手に記念写真を撮影するなど,終始和やかな雰囲気でワークショップは終了しました。
(参考)ワークショップ開催のお知らせ http://library.kanazawa-u.ac.jp/?page_id=290
08:46 | 開催報告
2017/12/04

事務職員対象 英会話トレーニング「English Gym!」を開催します

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学附属図書館
本学事務職員を対象に,英会話トレーニング「English Gym!」を開催します。

附属図書館で学生を対象に実施している英会話イベント「English Hour!」を基に,内容を職員向けにアレンジしました。
英語の能力,業務や職位の違いに関係なく,留学生と気軽に楽しくゲームをしたり,業務に役立ちそうな英会話を練習したりするイベントです。
ぜひ,ご参加ください。

<日程・集合場所>
★各日17:30~18:30に開催,設定したテーマで英会話を行います。
★各日のテーマは,添付のポスターをご確認ください。

12/4 (月)   第1回開催 角間北地区   中央図書館 国際交流スタジオ
       定員 16名

12/7 (木)   第2回開催  角間中地区     本部棟 第2会議室
       定員 20名

12/11(月)   第3回開催 宝町・鶴間地区 医学図書館十全記念スタジオ
       定員 16名

12/18(月)   第4回開催 角間中地区   本部棟 第2会議室
       定員 20名

1/15 (月)      第5回開催 角間中地区   本部棟 第3会議室 
       定員 20名

1/18 (木)      第6回開催 角間南地区   自然科学系図書館 国際交流スタジオ
       定員 16名

<参加申し込み:先着順>
★氏名・所属・英会話レベル(初級/中級/上級)・参加日をご記入の上,下記メールアドレスまでご連絡ください。
 各日,定員があります。
  prj.lib■adm.kanazawa-u.ac.jp (■を@に変えてください)

<問い合わせ先>
職員のための図書館活用講座チーム
(平成29年度金沢大学業務改善・改革プロジェクト)
  E-mail: prj.lib■adm.kanazawa-u.ac.jp  (■を@に変えてください)


19:24
2017/10/13

【報告】東海北陸地区国立大学図書館協会講演会(9月29日開催)

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学附属図書館
附属図書館は震災の被害を受けた大学図書館の体験を共有するため,9月29日に「『平成28年熊本地震』熊本大学附属図書館における復旧と今後の対策」と題し,熊本大学附属図書館 図書館課副課長 濱﨑千雅氏による講演会を開催しました。

国立大学図書館協会加盟館,石川県大学図書館協議会,北陸地区連合図書館系専門委員会からの参加も含め,34名の参加者がありました。

講演内容は,熊本地震の際の熊本大学附属図書館の状況と対応,復旧までの過程についての,現場目線からの事例紹介でした。参加者の関心も高く,各対応への判断プロセスや被災後の図書館運営について多くの質問がありました。参加者からは,防災用品の購入実績や,被災関連の予算要求,記録の取り方等,実際に経験した職員だからこそ得られた知識の提供があり,大変興味深かったとの感想がありました。特に,「地震が起きたら,このあと本震があるかもしれないと思うこと」「日頃から危険な個所を把握して,“想定外”を極力減らすこと」「地震前後の定点撮影等の記録が,報告書作成や予算要求に役立つこと」といった具体的なアドバイスが大いに参考になったとの声がありました。
 
  
  会場の様子


  質問する参加者
09:06 | 開催報告
2017/10/03

財団法人日本教育公務員弘済会より奨励金を受贈

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学附属図書館
 附属図書館が、本年8月9日に開催した「金大生による“調べ学習”教室」が,平成29年度きょうこう奨励金給付事業に採択されました。
 この事業は社会貢献度の高い有益な地域文化・福祉活動及び食育・観光・ESD・国際交流・環境保全等の分野において特徴と特色ある研究・継続的な活動を支援するもので,児童生徒の教育文化活動として選定されたものです。
 9月20日(水)に石川支部長 寺西一栄氏と専任幹事 中野康司氏が来館され,給付金5万円を福森館長に贈呈されました。

石川支部長 寺西氏(左)から奨励金の贈呈を受ける福森館長(右)



17:50 | その他
2017/10/02

40,000タイトルの電子ブックの試読サービス(後半)実施(10/2~31)

Tweet ThisSend to Facebook | by:金沢大学附属図書館
 附属図書館では,国内出版社発行の学術書を中心とした約40,000タイトルの電子
ブックを自由に閲覧できる「試読サービス」を実施します。期間中に利用の多かったタイトルは購入し,継続的に提供します。
 今まで読めなかったあのタイトルを利用するチャンスです。レポート・論文の資料や試験勉強の参考書など,どんどんご活用ください。
 また,電子ブックには「いつでもどこでも,思い立った時に資料を利用できる」,「軽くて手軽」,「本文を単語で検索できる」などのメリットがあります。この機会にぜひ試してみてください。
 
実施期間】(後半)平成29年10月2日~10月31日
【利用方法】
 ① 金沢大学附属図書館蔵書検索システム(OPAC plus)から検索できます。
  詳細検索,または絞り込み機能で「フォーマット:電子ブック」を指定すると
 便利です。 
参考「電子ブックを使おう(こだま190号)
  ②Maruzen eBook Library:トップページからご利用ください。 
※ 金沢大学IDがあれば,キャンパス外からも利用できます(学認サービス,VPNに対応)。
 詳細は,附属図書館Webサイト「キャンパス外から電子資料を利用するには」をご覧ください。

【その他】
* 試読サービス中のタイトルは,閲覧のみとなり,印刷・ダウンロードはできません。
 (すでに購入済のタイトルは,通常通り印刷等が可能です。)
* タイトルごとに「同時アクセス:1」となっています。利用が終わりましたら,
 【閲覧終了】を押してください。



12:00 | 利用者のみなさまへ
12345

金沢大学附属図書館 〒920-1192 金沢市角間町 TEL:076-264-5211
Copyright©2013 Kanazawa University Libraries. All Rights Reserved.