金沢大学附属図書館総合案内
金沢大学金沢大学附属図書Facebook金沢大学附属図書館Twitter
 

図書館オンラインサービス

Library Online Service




  • 利用状況確認 / 購入希望
  • 複写貸借依頼 / 施設予約 等
 
 

Link

 

外部Link

 

金大生のための読書案内 ― 教員から学生へ


平成22年9月30日~平成23年1月9日 中央図書館で展示されました
平成23年1月18日~6月16日 医学系分館で展示されました

今回は「ちょっと違った」
金大生のための読書案内

尾島茂樹 教授(大学院法務研究科)

 「金大生のための読書案内」も今回で7回目を数えます。今まではそうそうたる先生方がそれぞれの専門分野を踏まえ、金大生に対し読書への熱い思いを伝えておられます。そして、この7回目となった訳ですが、今回は、少し趣を変え「ちょっと息抜き」をして、とにかく活字を読んでみようということからはじめることにさせていただきます。ちょうど7回目で、「ラッキー・セブン」ですので、こんなことも許されるかと考えた次第です(許していただければ、ラッキーです)。
 実は、共通的科目として1年生向けに授業を開講した数年前に、ある学生が予習をしておらず(私は、2単位の科目が、120分(現在は、どの大学も少々サバを読んで90分)の授業時間に加え、それと同じ時間の予習・復習を前提として15回実施される、という「単位の実質化」を、ずっと実践しています)、その理由を尋ねたところ(ようするに、「なぜ予習をしていないのか」と聞いたのです)、予習を指示していた判例集について「頁がこれだけ字で埋められていると読む気がしない」と答えたことに愕然としました。たしかに現在は、普通の書籍でも、改行が多く(極端なものは、一文ごとに改行しているような)、余白が多い本の方が売れるそうです。後は、売れるのはマンガでしょうか。そのような学生は、もちろん新聞も読まないのでしょう。なんとなく、最近は、小学校の教科書も「余白だらけ」になってきたような気もします。
 しかし、読書の楽しみさえわかれば、このような学生の「活字への抵抗感」はなくなるのではないでしょうか。そのような観点から、今回は、とにかく楽しく読めるように、そのための「読書案内」も心がけることにしました。もちろん、大学の貴重なPR媒体を使って案内をさせていただく以上、本来の趣旨にも適ったものにもせざるを得ません。そこで、最初の5冊は私の専門である「法学」からの紹介、次の4冊は私の専門ではありませんが、大学生が興味がわくような他の専門分野?からの紹介、そして最後の4冊は「息抜き」を兼ねて(あくまで「兼ねて」いるだけで、「息抜きオンリー」でもありません)紹介させていただくことにします。全部で13冊となったのは、単に、私が13という数字が好きなことに由来しています(といっても、本文中に掲げた本を加えれば、倍以上になってしまいましたが)。
 また、念のため付け加えておきますと、ここで紹介している本の内容について私が全面的に賛成であるとか、内容が正しいことを保証するとか、といったことは全く含意されていません。本というものは、各人が読んで評価すればよいのです。そのためには、すべての人が常に様々な本にアクセスできることが非常に重要です。かつて実際に行われたような、そもそも本の内容が気にくわないからといって焚書のようなことは絶対にすべきではないのです。もちろん、若年でまだ判断能力の乏しい者にとって「有害」な図書を若年者から遠ざけるということは必要です。しかし、すでに大学に入学しているような大人、あるいは社会人には、このような措置は全く必要ありません。自分で考え、判断すればよいのです。
 なお、今回は、ラッキーな7回目という特殊な?事情があったのでこのような路線になったに過ぎません。そこで、次回からは、元のようなちゃんとした「まじめな」読書案内に戻る予定です(8回目以降の先生、よろしくお願いします)。

1.自分で考えるちょっと違った法学入門 / 道垣内正人著, 有斐閣 , 2007.2

 私が大学の法学部に進学した後、他の学部に進学した同級生に会うと、「法学部での勉強は大変だね。あの分厚い六法全書を全部暗記するのでしょう」という趣旨の質問をよく受けた。現在でも世間での認識は、そんなものかもしれない。しかし、ちょっと考えていただきたい。おそらくそんなことができれば、テレビ番組の「超人コーナー」に出演できるのではないか。暗記力としては、JRの駅名全部とか、すべての国の首都、夜空のすべての星の名前を記憶するような「超人」の記憶力の比ではない。さらに、法律は、毎年、変わっていく。国会は法律を作る場である。それは、毎年開かれている。国会は決して与野党が非難しあうのみの場ではない。毎年国会で作られる新しい法律を含め全部、覚えられるわけがないし、そのような勉強をして何の意味があるのか(六法を見ればよい!)。
 ただ、私は、自分の専門である民法の条文をいくつか記憶している。しかし、これは、決してそれを目的として暗記した結果ではなく、条文を何度となく読み、また日々関連する書籍等を読み、それをもとに考えたりして、自然と頭に入ってしまったものである。暗記しようとして覚えているのではない。
 それでは、法学の勉強は何をやるのか。それに「ちょっと違った」形で答えているのがこの本である。法は一定の「紛争」を前提としている。とくに人間と人間との争いでは、お互いに話し合いで納得して解決できてしまえば、法はいらないともいえる。納得できなければ法の出番である。しかし、果たして「法」とは何であろうか。あるいは、何が「法」なのか。「法」はどうあるべきなのか。この本を読んで、改めて考えていただきたい。
 なお、ここで挙げた道垣内正人先生は、「国際私法」がご専門である。ちょっとわかりにくいが、たとえば、日本人の男性とX国人の女性がY国で婚姻する場合に、どこの国の法律に基づいて法的に正式に!婚姻することになるのか、というような問題を扱う分野である。その他、法学では様々な専門分野がある。「法哲学」もかなりおもしろい。興味のある人は、①長尾龍一『法哲学入門』(日本評論社)から読んでみよう。さらに、外国の法もおもしろい。新しいものでは、②樋口範雄『はじめてのアメリカ法』(有斐閣)が外国法への興味をかき立てるのではないか。法学には他にも様々な学問分野がある。興味を持った人は是非ご一読を。

法哲学入門 / 長尾龍一著, 日本評論社 , 1982.4
はじめてのアメリカ法 = Inspiring American law / 樋口範雄著, 有斐閣 , 2010.2

2.役人学三則 / 末弘嚴太郎著, 日本評論社 , 1980.5

 以下の4冊は、私の専門である「民法」の先生方の本である。もっとも、この他にも、民法といえば必ず挙げなければならない我妻榮先生がおられるが、ここで紹介すべき適当な本がなかった。あえて挙げれば、エッセイ集として③『法律における理屈と人情』(日本評論社)その他がある。また、金沢大学との関係では、第3代学長の中川善之助先生も忘れてはならない。読みやすいものとしては④『民法風土記』(講談社学術文庫)があるので、興味のある人は、我妻先生のものとあわせて読んでいただきたい。
 本題に戻る。この本に収められた文章は、いずれもかなり古いものではあるが「法とは何か」を考えるのに大いに役立つ。とくにこの本に収められた「嘘の効用」は、いろいろなところで応用が利くのではないか。嘘はいろいろなところにある。自然科学でも同様である。摩擦や空気抵抗がゼロの世界(物理学)、面積のない点、線の存在や、∞、虚数(数学)……。法学にも「嘘」がある。

法律における理窟と人情 / 我妻榮著, 日本評論社 , 1955.5
民法風土記 / 中川善之助著 , 日本評論社 , 1965.1

3.ある法学者の軌跡 / 川島武宜著, 有斐閣 , 1978.7

 偉い学者の先生の回想記は、研究者としての自分自身の生き方に影響を与える。この本は、民法、法社会学その他の分野で大活躍された先生の自伝である。研究とは何か。研究者はどうあるべきか。そして人間はどうあるべきか。様々な側面で、自分自身の人生を振り返らざるを得ない。とくに同じ専門分野を仕事して生きていれば、尚更である。その他、民法の先生のものとして、⑤末川博『彼の歩んだ道』(岩波新書)、⑥星野英一『ときの流れを超えて』(有斐閣)、⑦奥田昌道『紛争解決と規範創造』(有斐閣)もある。

彼の歩んだ道 / 末川博著, 岩波書店 , 1965.10
ときの流れを超えて / 星野英一著 , 有斐閣 , 2006.9
紛争解決と規範創造 : 最高裁判所で学んだこと、感じたこと / 奥田昌道著, 有斐閣 , 2009.12

4.民法のもう一つの学び方 / 星野英一著, 有斐閣 , 2006.2

 法律の勉強が条文の暗記でないとしたら、何をどう勉強すればよいのか。それを、民法を題材として初歩から懇切丁寧に教えるのがこの本である。条文の暗記が勉強ではないといっても、もちろん、覚えなければならないことはたくさんある。とくに法学の約束ごとは、それを知らなければ勉強のスタートラインにも立てない。たとえば、法律用語を多用している法律家同士の会話は、素人から見れば、ほとんど外国語に聞こえるそうである。この点で、法律はわかりにくいと揶揄されることになるのだが、専門的になればなるほど、最低限知っているべきことを知らなければ、議論に参加できないことは、どの専門分野にも共通であろう。法学だけがやり玉にあげられることはないはずである。法学の勉強の目標は、一定の知識があることを当然の前提として、その先にある。
 さらに民法関連でいえば、⑧米倉明『民法の教え方(増補版)』(弘文堂)、⑨米倉明『民法の聴きどころ』(成文堂)も有用である。前者は、「教え方」と題されれているものの、「学び方」にも大いに参考となる本である。

民法の教え方 : 一つのアプローチ/ 米倉明著, 弘文堂 , 2003.9
民法の聴きどころ / 米倉明著, 成文堂 , 2003.4

5.市民社会と「私」と法 : 高校生のための民法入門 / 大村敦志著, 商事法務 , 2008.5

 現在、「法教育」の必要性が認識され、そのための活動が活発化している。「法教育」とは、現在、専門家のみの知識の対象となっている法律を広く一般的な教育の対象とすることをいうと一応しておこう。この本は、「高校生のための民法入門」という副題が付されており、この著者は、「法教育」のあり方の検討においても中心的な役割を果たされている。この本は、続刊もある。また、この著者は、岩波ジュニア新書にて一般向けの入門書をいくつか著している。興味を持ったら、こちらもどうぞ。

 以上で「法学」関連の紹介を終えますが、宣伝を1つお許しいただきたいと思います。法科大学院は、司法制度改革の一環として平成16年に発足した専門職大学院です。世間にはまだまだ誤解があるようですが、法科大学院は、法学部(法学関係の学士課程)以外の大学卒業生にも門戸を開いています。数年前、高校の先生との懇談会に出席した際に、法科大学院への進学は法学部からでなければならない(法科大学院への進学は、法学部への進学が前提となる)という認識が高校の進路指導の先生から聞かれました。しかし、この認識は間違いです。法曹界に多様な人材を得るため、法科大学院は法学部以外の学部出身者や社会人から優秀な人材を得ようとしています。以上に紹介した本を読んで、法学に興味を持った法学を専門としない優秀な学生が法科大学院への進学を希望していただけるとよいのですが……。

6.「ご冗談でしょう、ファインマンさん」 : ノーベル賞物理学者の自伝 I, II / リチャード・P.ファインマン著; 大貫昌子訳 , 岩波書店 , 1986.6-7

 ということで、「法学」から離れる。そこで、最初に紹介するのは、「物理学」からである。前回(第6回)紹介を注意深く読むとわかるとおり、私は、湯川秀樹先生の伝記から物理学に興味を持ち、関連の本を読むようになった。したがって、物理学としては、本来は湯川先生のものを挙げるのがよいのだろうが、前回、すでに掲げられているので、今回は、同じくノーベル賞受賞者のファインマン先生のものを紹介する。といっても、「物理学」の専門書ではなく、エッセイ集である。偉い学者の学問に対する姿勢は、どのような専門分野でも基本的に変わらないようである。そのことをひしひしと感じる。なお、この本が「上」であることからわかるとおり、続きがあるので、ご留意を。また、この続刊も続々刊行されている。

7.浮気人類進化論 : きびしい社会といいかげんな社会 / 竹内久美子著, 晶文社 , 1988.5

 次は「生物学」からである。生物は、遺伝子の乗り物に過ぎない、という刺激的な主張がある。生物は、意識せずに遺伝子の都合のよいように(というのは、その遺伝子の優秀な子孫を多数残すように、という意味である)行動するというのである。そのような観点から動物行動学を見ると、非常におもしろいではないか。
 竹内久美子さんの著作については、すべてをこのように説明できるのかといった批判もある。たしかに、竹内さんの著作は、多くは論文として書かれているわけではなく、論拠としても確実とはいえないのかもしれない。しかし、動物行動学を素人にも分かりやすく紹介し、一般に広めた功績は、否定できないのではないだろうか。ちなみに、続編も次々に発行されているし、週刊誌の連載も続いている。また、生物学の分野には、⑩H.シュテュンプケ(日高敏隆=羽田節子・訳)『鼻行類』(平凡社ライブラリー)という驚くべき本も出版されていることを付け加えておく(何が驚くべきかは、この本をお読みいただければ、わかる。法学でこれをやったら、……。そもそも出版できるのだろうか)。

鼻行類 : 新しく発見された哺乳類の構造と生活 / ハラルト・シュテュンプケ著; 日高敏隆, 羽田節子訳  , 博品社 , 1995.9

8.若き数学者のアメリカ / 藤原正彦著, 新潮社 , 1977.11

 一世を風靡した⑪藤原正彦『国家の品格』(新潮新書)ならご存じだろうか。おそらく知っている人は知っているが、知らない人は知らない(あたりまえだ)。実は、藤原先生は大学の数学の先生である(2009年3月で定年退職され、名誉教授となられた)。ということで、次は「数学」からであるが、これは専門書ではない。数学者のエッセイ集(留学記)である。
 この本が扱っている時期は、かなり前のアメリカではあるが、これから留学しようとする人にとっても参考になるだろう。ちなみに、藤原先生のエッセイ集は、この後も数冊刊行されている。この本で興味を持った人は、あわせてどうぞ。

国家の品格 / 藤原正彦著, 新潮社 , 2005.11

9.われ笑う、ゆえにわれあり / 土屋賢二著, 文藝春秋 , 1997.11

 おそらく知っている人は知っているが、知らない人は知らない(2回も同じフレーズだ)。実は、土屋先生は大学の哲学の先生である(2010年3月で定年退職のハズ)。ということで、次は「哲学」からである。といっても、この本は、哲学の入門書でも教科書でもなく、専門書ではない。笑う哲学者のお笑いエッセイ集である。
 「笑い」が脳を活性化するということがわかっている。脳が活性化すれば、勉強もはかどることであろう。皆さんもこの本で、苦笑、失笑、嘲笑、冷笑をして、大いに脳を活性化できるのではないか。もちろん爆笑(「満点大笑い」?)でも可である。ちなみに、土屋先生のお笑いエッセイ集は、この後も刊行されているし、週刊誌の連載も続いている。この本で興味を持った人は、あわせてどうぞ。

10.すべてがFになる : The perfect insider / 森博嗣[著] , 講談社 , 1998.12

 おそらく知っている人は知っているが、知らない人は知らない(3回目だ。しつこい)。実は、森先生は大学の建築学の先生であった。現在は、作家業に専念され、大学を退職されている。そして、作家としてもそのうち断筆すると宣言されている(残念!)。ということで、他分野シリーズの最後を飾るのは「工学」からであるが、この本は、今までのものとは異なり、ミステリ小説である(したがって、実質的には「他分野専門シリーズ」は9番で終わり、10番は「息抜きを兼ねて」シリーズでもある)。
 私が森先生の本を好んで読んでいるのは、森先生が教鞭をとっておられた国立N大学を私が卒業しているからではない。この本から始まるミステリのS&Mシリーズ、Vシリーズ、Gシリーズを始め、大学教員の生活を描いた実録?水柿助教授シリーズなど、すぐに引き込まれる物語、魅力的キャラクターが目白押しだからである。

11.火車 / 宮部みゆき著, 新潮社 , 1998.2

 ご存じ直木賞受賞の超ベストセラー作家である。おそらく知っている人は知っているが、知らない人は知らない(4回目だ。もうやめる)。実は、宮部みゆきさんは専業作家になる前、法律事務所に勤めていた。ということで、法律には、全く素人というわけでもないのである。そして、この本は、クレジット、多重債務を扱うミステリとなっている。読者には、この本により、借金をすること(クレジット・カード利用も含む)の意味をよく考えていただきたい。この本が気に入った人のために、⑫宮部みゆき『理由』(朝日文庫、新潮文庫)も挙げておく。これは、民法の重要な論点がからむミステリである。また、この著者には、他にも、悪質商法を扱う著作など、いわゆる「消費者法」に関連する著作もある。たとえば、⑬宮部みゆき『魔術はささやく』(新潮文庫)には「デート商法(恋人商法)」が描かれていて興味深い。ミステリが法律の勉強にもなる一例である。

理由 / 宮部みゆき著, 朝日新聞社 , 1998.6
魔術はささやく / 宮部みゆき著, 新潮社 , 2008.1

12.殺人の門 / 東野圭吾 [著]  , 角川書店 , 2006.6

 近時、直木賞受賞、ガリレオ・シリーズのヒットにより、超ベストセラー作家となった作家である。実は、デビューは、かなり早く、1985年の江戸川乱歩賞受賞によってである(デビューからしばらくは、本があまり売れなかったらしい)。私は、江戸川乱歩賞受賞作は、すぐに読むことにしており、東野圭吾さんの場合は受賞作を気に入って以来、発行される著作は、基本的に全部(文庫で。単行本は、お金がかかるから)読んでいる。
 この本は、物語の中で数々の悪質商法を扱っている。東野圭吾さんは、著作の中で、けっこう悪質商法を登場させるし、法的な問題も扱っている。ということで、ガリレオ・シリーズもよいが、少しでも勉強を兼ねた息抜きとして、この本を挙げた(ただし、読後感は「ちょっと(かなり?)暗い」。落ち込むのがいやな人は、避けた方がよいかも)。もちろん、その他の本も非常におもしろい。ただし、大学生としては、「息抜き」が勉強の邪魔にならないように気をつける必要がある。
 なお、乱歩賞作家の本には法律を題材にしたものも多い(ミステリだから、いわば当たり前ともいえるが)。弁護士でもある和久峻三さん、中嶋博行さんは当然としても、真保裕一さん、最近では薬丸岳さんも興味深い題材を扱っている。

13.十角館の殺人 / 綾辻行人[著]  , 講談社 , 2007.10

 最後を飾るのは、20年ほど前にムーブメントとなった新本格ミステリの嚆矢としての、著者のデビュー作である(ただし、現在、販売中のものは、「新装改訂版」)。新本格ミステリは、作中にちりばめられた手がかり(伏線)をもとに論理的に推理していくと1つの結論を導くことができるというように特徴づけられる。ところで、私は、この本を東京に出張した際の帰りの電車の中で読んだのだが、ちょうど倶利伽羅峠を越える頃にさしかかったクライマックスでの衝撃がいまだに忘れられない。最後の最後のどんでん返しであっと驚けるのが、新本格ミステリのよいところである。
 この他、⑭倉知淳『星降り山荘の殺人』(講談社文庫)にも驚かされた。実は、私は、この本をアメリカ滞在中に読んだ。そのせいで日本語の理解力が落ちていたのではないと思うのだが(当時は、ごくたまに読む小説以外に、日本語の文章を読む機会がほとんどなかった)、最後の謎解きの部分で、最初は何が起こっているのかさっぱり理解できず、少し考えてやっと作者の仕掛けた罠に見事にはまり、ずっと騙されていたことに気づいたのであった。
 ということで、ミステリ小説を読むのは、非常に楽しいのだが、1つ忘れてならないのは、これも勉強を兼ねているということである。新本格ミステリでは、上に述べたように、作者がちりばめた手がかりにしっかり気づき、きちんと処理した上で、論理的に組み立てることにより結論を導く。これは、大学での研究(勉強)に通ずるものである。従って、これを読むのも「勉強を兼ねた息抜き」(息抜きを兼ねた勉強)なのである。

星降り山荘の殺人 / 倉知淳 [著] , 講談社 , 1999.8

 ご覧の通り、今までの先生方とはかなり違った「読書案内」となってしまいました。附属図書館長やその他の関係者の「検閲」により、企画の趣旨と違う、大学の教員の文章とは思えない、あるいは大学としてこのようなものはホームページに載せられない、などという理由でこの原稿がボツにならないよう切に望みたいと思います。(いま、皆さんに、この文章を読んでいただけたということは、お許しが出たということです。ご寛容に感謝します!)

 

金沢大学附属図書館 〒920-1192 金沢市角間町 TEL:076-264-5211
Copyright©2013 Kanazawa University Libraries. All Rights Reserved.