ライブラリー・ラーニング・アドバイザーとは

English趣旨
ライブラリー・ラーニング・アドバイザー(LiLA)は,附属図書館が主体となって,金沢大学の大学院生・学生に附属図書館を活用した学修支援等の教育補助を行わせ,自学自習の充実及び学修の質の高度化を図るための制度です。
※2020年度,Q2までは,ラーニング・アドバイザー(LA)及び留学生ラーニング・コンシェルジュ(LeCIS)として実施していた学修支援の名称を統合したものです。

 
■活動内容
今年度は,対面とオンラインで,相談を受け付けています。

(1)ラーニング・サポート・デスクまたはオンラインでの学修支援
次に関する学生からの相談に,中央図書館及び自然科学系図書館内のラーニング・サポート・デスク等またはオンラインで対応しています。対象は日本人学生・留学生を問わず,各担当者の対応可能な言語で支援を行っています。

・レポートや論文作成,プレゼンテーションについての相談
・大学での学修法全般についての相談
・主として理科系科目関する学修相談
・図書館の利用法や資料の探し方等に関する相談

 以上について,曜日ごとに支援内容や対応言語などを定めて実施しています。(→今年度の時間割)

(2)学修支援に関するセミナーや外国語会話を中心としたイベント等の補助
附属図書館主催のセミナー,オリエンテーション、語学イベント等で講師・ファシリテーターを担当

(3)図書館業務の補助

 

■活動人数
次の人数で活動しています(2020年10月現在)。
 中央図書館 (9名,うち留学生4名(中国2,インドネシア1,ベトナム1)
 自然科学系図書館(5名,うち留学生4名(中国,インドネシア,マレーシア,カンボジア各1)

 

 

■採用
 今年度の募集は終了しています。

 

■その他
 附属図書館事業及びスーパーグローバル大学創成支援事業(留学生向け学習支援について)として実施しています。

 

■事務担当
 情報部情報サービス課 中央図書館係/自然科学系図書館係

 

 

■取扱要領

 金沢大学ライブラリー・ラーニング・アドバイザー取扱要領(令和2年10月1日 情報担当理事裁定)