「VPNGW02」運用終了に伴う電子ジャーナル等の利用について

 

        「VPNGW02」運用終了に伴う電子ジャーナル等の利用について

 

 

 

 VPNでの電子ジャーナル・データベース等の利用については、総合メディア基盤センターが提供している[VPNGW02]をご利用いただいているところですが、このたび平成31531日をもってサポートが終了することになりました。

 

   VPNGW02の終了について(総合メディア基盤センター)

 

  それに伴い、平成314月以降、電子ジャーナル・データベース等を学外から利用される場合は、下記の方法で閲覧してください。

 

   ① KAINS-VPNで金沢大学ネットワーク環境に入る。

 

     KAINS-VPNについて(総合メディア基盤センター)

 

   ② 総合メディア基盤センターが提供するVDIシステムの利用を設定する。*2回目以降は設定不要です。

 

     VDIシステムについて(総合メディア基盤センター)

 

  →設定方法はこちら(PDFファイル)

 

   ③ VDIシステムにログインし,下記の利用方法を参考に電子ジャーナルを閲覧してください。

 

  →VDIシステムを利用した電子ジャーナルの閲覧についてPDFファイル)

 

 

※ リモートアクセスが許可されている電子ジャーナル・データベースのみで、このシステムを介した電子ジャーナル・データベースの利用を許可しています。電子ジャーナル・データベースのページで「学内のみ」と記載されているものは、学内からのアクセスのみで利用が可能です。

 

 それぞれの出版社の定めた規約により、リモートアクセスが許可される範囲が定められています。そのため、本学に所属している方でも、その肩書によってはリモートアクセスが認められていない場合があります。

 ご不明な場合は、雑誌・電子情報係(inzassi@adm.kanazawa-u.ac.jp)までお問合せください。