オンライン特別セミナー「母語ではない」 英語で学術論文を 書くということ/How to write academic papers in English: Strategies for students whose first language is not English

附属図書館ライティングセンターでは,東京大学で長年にわたりアカデミックライティングをご指導されてこられた片山晶子先生をお迎えし,特別セミナーを開催します。

 

卒業論文・修士論文・博士論文を英語で書く学生や,初めて英語論文を書く予定の大学院生におすすめ!留学生もぜひご参加ください。

 

★演題:「母語ではない」英語で学術論文を書くということ
★講師:⽚⼭晶⼦先⽣(早稲⽥⼤学⼤学院教育学研究科⾮常勤講師)
★日時:2024年3月6日(水)13時~14時
★言語:日本語(質疑応答は英語でも可)
★対象:金沢大学の学生・院生・留学生(教職員も聴講可)
★接続先:

https://lms-wc.el.kanazawa-u.ac.jp/webclass/login.php?id=db8400511367ffbbe2ebec332ba6fc75&page=1&auth_mode=SHIB

※事前登録不要,参加費無料,LMSコースへのログインには金沢大学IDが必要です。

 

★主催:附属図書館ライティングセンター
★共催:未来創生教育環

 

★講師紹介:片山晶子先生

早稲田大学法学部卒。ボストン大学にて第二言語としての英語教育に関する修士号,テンプル大学にて応用言語学分野での博士号(教育)を取得。2011年より東京大学初年次必修の英語ライティングプログラムALESS/ALESAでアカデミックライティングの指導を行う傍ら,同プログラムに附属するライティングセンター「駒場ライターズスタジオ」のマネージャーを勤める(2023年3月まで)。また東京大学図書館(本郷)で,初めて英語投稿論文を書く大学院生・研究者向けに開催された「英語論文セミナー」で人気を博する。2016年以降,同セミナーは毎年開催されている。現在は早稲田大学教育学研究科,教育学部,理工系の学部で非常勤講師として教鞭をとる。

著書に『英語科学論文の書き方』(中山書店)。専門は社会言語学。

 

【お問い合わせ先】
中央図書館係
Email: etsuran@adm.kanazawa-u.ac.jp